忍者ブログ

HRB - HiPeC Reseachers Blog

ヒロシマ大学発:平和構築連携融合事業の推進をめぐる事務局メンバーの日常

entry_top_w.png
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png

毎度お世話になっております。研究員Bです。

DSC00428.jpgただいま、ネパール・カトマンズ市のトリブヴァン大学にある研究機関・CNAS(ネパール・アジア研究センター)との平和構築をめぐる共同研究体制推進のため、ネパールに来ています。





われわれハイペックのネパールオフィスは、このCNAS 研究棟の2階に設けられています(詳細はこちら)。

ネパールの平和構築をめぐるCNASとの共同研究体制が正式にスタートして早くも一か月以上が経過しました。
この間、現地ではダサインという大きな祭りを迎え、日本の感覚で言う「盆と正月が一緒に来た」ような賑わいを見せていました(詳しくはこちら)。



DSC00557.jpgDSC00558.jpgさて、現地はこのダサインに伴う長期休暇が明けてまだ間もないのですが、再び大きな全国規模のお祭りに突入しています。「光の祭」という異名をとる、”ティハール”です(インドで「ディワリ」と呼ばれているものと同じです)。









ティハールは、ダサインに次ぐ、ネパール第二の大規模な祭です。全体は5日間に分かれており、新月となる5日目の「ラクシュミー・プジャ」をピークとして、それまでの間、カラスや犬、牝牛といったさまざまな動物に施しをし、神々の像に祈りと感謝の供物をささげます。ネパールでは、11月5日から7日までの三日間がこの祭のための公休日となります。


DSC00562.jpg







カトマンズのさまざまな商店がこぞって店のウインドウをいろとりどりの花と果物で華やかに飾りたてます。日没後ともなれば、電飾や燈明によってデコレーションされた、普段とはちがった雰囲気の街並みをみることができます。瑞々しく華やいだ雰囲気が街頭いっぱいに広がり、賑やかな音楽にのって、歌や踊りに興じる人たちが通りにあふれ出てきます。(上写真は、独特の即席の打楽器を用いて賑やかに祝いの歌声をはりあげ、各商店から角付けをもらって回る子供たちのグループ)



ネパールを拠点のひとつとするハイペックも、ここカトマンズの喜びに満ちた色彩に見劣りしないよう、多彩な視点と旺盛な好奇心のもとで研究活動を推進していかなくてはならないな、と改めて感じる次第です。



休み明けからはまた新たな調査活動がスタートします。今後とも、ハイペックをなにとぞよろしくお願い申し上げます。


Namaskar.


(下の写真は、広島から派遣されたハイペックの中・長期駐在要員が利用する宿泊所です。支配人の許しを得て、ハイペックのバナーを張らせてもらいました)


door2.jpgdoor1.jpg










(研究員B)




拍手[5回]

PR
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
【研究員Kのカトマンズ便り】


DSCN1494.jpg









カトマンズでは17日のダサイン本番を控え、みんな準備を始めている。3日前には、いつもの通勤路になにか小さなステージができているっと思いきや、次の日には、ネパールっぽい赤やオレンジで埋め尽くされた、ステージになにやらヒンドゥーの神様が楽しそうに集結。周りは蛍光電気で飾られ、夕方には電気がつきとてもきれい。旗をいっぱいぶら下げているところもある。同行してきている1歳8か月の娘が覚えたての言葉で「きれいねぇ~」と言いながら興味心身に身を乗り出して見ていた。




DSCN1487.jpg







ステージだけではない。お手製の竹でできた巨大ブランコ(ネパール語でドライバーさん曰く「ピン」)も登場。いつもよく使わせてもらっている幼児や乳児も遊べ、大人もおいしい食事が楽しめるCafe Uにそれはあらわれた。ブランコに長いこと乗っていなかったわが子も喜んでいたが、一番長いこと乗って遊んでいたのは、ドライバーさん。最近毎日行って、ぽっちゃり型の彼が乗るからか、竹とロープでできたピンは、座る部分が地面すれすれになるまで伸びてきた・・・。8日から官庁はダサイン休暇に入っているが、このカフェが休暇に入るまで時間がある。ピン、大丈夫かなぁ・・・。

いつもより楽しいものが増えるダサインは大人も子供もみんながわくわくの時期のようです。

(研究員K)

拍手[5回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
logomark

こちらが、これから3年間使用される、新ハイペックのロゴマークです。
あたらしいハイペックは、前事業の精神とコンセプトを引き継ぎつつ、さらにグローバルな世界の変動に対応した、新たな飛躍を目指して、勢いのある事業を展開していきます。
「グローバルに考え / ローカルに行動する」ことをヒロシマの地から実践していく、というハイペックの基幹となる考え方を象徴したロゴとなっています。
どうぞよろしくお見知り置きください。

拍手[2回]

entry_bottom_w.png
plugin_top_w.png
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
フリーエリア
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新CM
[05/18 backlink service]
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新TB
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
プロフィール
HN:
ピー助(Peace-Ke)
年齢:
10
性別:
男性
誕生日:
2010/04/01
職業:
平和構築
趣味:
連携融合
自己紹介:
 〔ピー助〕朝の来ない闇はない。朝の来ない魚市場もない。
 〔飼い主からの一言〕ハイペック(広島大学平和構築連携融合事業)は、広島大学の基本理念である「平和を希求する精神」を具体的に追及するため、オール・ヒロシマ体制で平和構築支援の研究を推進します。マスコットキャラクターの平和構築猫「ピー助(Peace-Ke)」ともども、なにとぞよろしくお願いいたします。
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
バーコード
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
ブログ内検索
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
P R
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
カウンター
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
アクセス解析
plugin_bottom_w.png
Copyright HRB - HiPeC Reseachers Blog by ピー助(Peace-Ke) All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]